HOME>技術紹介>施工支援システム>コンクリート養生管理システム

コンクリート養生管理システム

サーモニター
養生中のコンクリート温度等を自動で管理することで、適切な養生管理を行うことが出来るシステムです。

NETIS登録番号:KT-120021-A

システムの概要

養生中のコンクリート温度等を自動計測し、FEM解析による温度予測値と経時変化を比較することで、適切な養生管理を行うことができる。
コンクリート温度・外気温を熱電対により計測し、その値をサーバーにてリアルタイムに経時変化をグラフ化し、事前のFEMによる温度応力解析結果と比較監視できる。
温度計測を自動化し、データ回収を省力化することで、ヒューマンエラーを防止し、計測の異常やトラブル発生時に迅速に対応することができるため、品質の向上に寄与することができる。

システムの機能

  • 温度を自動計測し、そのデータは携帯電話通信網でリアルタイムにサーバーへ自動送信され、そのデータをサーバーで一元管理している。
  • FEM解析による温度予測値と経時変化を比較することで、適切な養生管理を行うことができる。
  • サーバーアプリなので、IDを発行すれば、いつでも誰でもどこからでも監視することができ、関係者で情報を共有できる。
  • 計測値から判断して、外部機器(ヒーターやクーリング設備等)を自動制御することで、適切な養生環境を維持できる。
  • 計測異常発生時、携帯電話へ自動的に異常通知メールを送信し、注意喚起できる。

PC管理画面
サーモニター設置状況
管理画面閲覧状況

施工実績

さがみ縦貫道、紀北西道路、気仙沼漁港、横浜港 等

PAGE TOP