HOME>技術紹介>施工支援システム>バイブロハンマ杭打ち支援システム

バイブロハンマ杭打ち支援システム

杭の施工精度向上技術
バイブロハンマで打設する杭の動的支持力を算出し、打止め判定を支援するシステムです。

NETIS登録番号:KTK-120001-A

システムの概要

バイブロハンマで鋼管杭およびH鋼杭を打設する際、バイブロハンマ出力と杭の貫入速度を自動計測し、杭の動的支持力の算出と杭の打止めの判断を支援するシステムである。
貫入速度は、自動追尾式トータルステーションにてバイブロハンマに取り付けたプリズムを視準して自動計測し、バイブロハンマ出力は、油圧式の場合は油圧ユニットに油圧センサを、電動式の場合は発電機に電圧計および電流計を取り付け、出力を自動計測する。
計測状況は、バイブロユニットの操作者、クレーンオペレータ、当社職員などが、PC画面でリアルタイムに情報を共有することができ、設計土質に対して、実際の施工がどのように進んでいるか、確認しながら施工することができる。
システム概要図

システムの機能

  • 支持杭は、鋼管杭・H鋼杭の2種類が選択可能である
  • 適用する動的支持力管理式は鋼管杭協会式・バイブロ技術研究会式の2種類が選択可能である (H鋼杭については、バイブロ技術研究会式のみ選択可能)
  • バイブロハンマは油圧式・電動式に対応している
  • ジェットバイブロ(JV)工法にも対応している

機器設置状況
PC管理画面

工事実績

苅田港、仙台港、石垣港、東京外環自動車道 等

PAGE TOP