HOME>技術紹介>施工支援システム>ケーソン自動注水制御システム

ケーソン自動注水制御システム

ケーソン据付精度・作業の安全性向上技術
ケーソンマス内の水位を自動計測し、注水ポンプを自動制御することでケーソン姿勢を制御するシステムです。

NETIS登録番号:KTK-120002-A

システムの概要

ケーソンマス内に深度センサー、ケーソン天端には傾斜計を設置し、マス内の水位とケーソンの傾斜を自動計測し、その値をリアルタイムに管理用PCに自動送信し、その計測結果をもとにケーソンの水平性を確保しながら注水ポンプを自動制御する。
また、隣接するマス間の水位差を規定値以内に管理して、隔壁への悪影響を防止する。
本システムにより、ケーソン据付時の姿勢制御などが自動化され、施工管理の省力化と施工時の品質確保の両立が期待できる。また、ケーソンから離れた場所からの遠隔操作も可能で、さらに遠隔操作ウィンチと組み合わせることで、ケーソン上の無人化施工にも対応できる。
システム概要図

システムの特徴

  • 各マス内の水位を深度センサーで自動計測し、管理画面上で確認できる
  • ケーソンの傾斜を傾斜計で自動計測し、管理画面上で確認できる
  • 隣接するマス間の水位差が規定値以上にならないように、自動的にポンプを制御する
  • ケーソンの傾斜を監視し、ある規定値以上傾斜しないように、自動的にポンプを制御する
  • 制御用PCは、他船舶上に設置したPCから遠隔操作することができる

・ケーソン上でマス内の水位を計測する作業を省力化できるので、施工時の安全性が向上する
・高精度なセンサー類を使用することで、精度の高い姿勢制御や注水量管理ができる

システム稼働状況
PC用管理画面

施工実績

那覇港、酒田港、秋田港、八戸港 等

PAGE TOP