HOME>技術紹介>施工支援システム>ブロック据付け支援システム

ブロック据付け支援システム

ブロック据え付け効率向上技術
クレーンブーム及び船体にGPSを搭載し据付目標位置・目標転船位置と現在位置をリアルタイムにオペレータに提供するシステムです。

NETIS登録番号:KTK-100013-VE

システムの概要

システム稼働状況
本システムは消波ブロック・根固ブロック・被覆ブロック等の据付け工事において、GPSを用いて、リアルタイムにクレーンブーム位置及び現在船体位置をシステム画面に表示する事で、適切な位置への船体誘導及びブロックの据付け箇所に迅速に誘導し施工の効率化、経済性の向上を図るものである。
また、施工上の障害(既設構造物・防波堤等)や制限範囲(航路・航行禁止区域・工事許可区域など)等をシステム画面上に表示する事により注意喚起を促し、安全性向上が図れる。

施工区域情報

システム画面に施工の安全上留意すべき、障害(既設構造物など)や制限の有る範囲(航路・航行禁止区域・工事許可区域など)を表示する事ができ、オペレータはこの画面を確認する事により注意喚起ができる。特に目視確認が困難な情報(水中の構造物・工事許可区域など)の確認に有効である。

船体誘導機能

施工上の障害・制限などの平面位置情報を画面に表示し、ブロックの据付けを行うのに適切な目標転船位置を、それらを勘案して設定する事ができる。また、目標転船位置及び現在船体位置が表示されることで、迅速に転船ができる。

据付け誘導機能

据付け時にクレーンブーム現在位置及び据付け目標位置がリアルタイムに画面に表示され、正確な位置から海中に吊込み・据付けができる。また、据付けるブロックは一つ毎に座標値及び据付け層数が管理され、据付けた出来形を記録する事で進捗管理が行える。
システム概要図
システム管理画面

PAGE TOP