PBD工法

プラスチック ボード ドレーン工法
人口素材の合成樹脂をドレーン材として使用した、バーチカルドレーン工法です。

Plastic-Board-Drain Method~

プラスチック ボード ドレーン工法の概要

プラスチックボードドレーン工法はバーチカルドレーン工法のひとつであり、バーチカルドレーン工法は軟弱な粘性土地盤中に透水性の高いドレーン材を鉛直に打設し、土中の水分(過剰間隙水圧)の排水距離を短縮しドレーン打設後に盛土を設置した時に荷重により効率よく水分を排水させることで、地盤の圧密を促進させて地盤強度の増加を図る工法です。
 プラスチックボードドレーン工法は、ドレーン材として合成樹脂(プラスチック)を使用しますが、透水性が良く強度もあります。また、作業も無振動低騒音で行えることが特徴です。
ドレーン施工状況
ドレーン施工状況
ドレーン排水状況
ドレーン排水状況

プラスチックボードドレーン工法の施工手順

バーチカルドレーン工法(プラスチックボードドレーン工法)の施工方法

ドレーン打設後盛土を行い、盛土の荷重により土中の水分が排水され、軟弱地盤が強固な地盤に変化していきます。
ドレーン打設後盛土を行い、盛土の荷重により土中の水分が排水され、軟弱地盤が強固な地盤に変化していきます。

PAGE TOP