HOME>技術紹介>地盤改良工法

地盤改良工法

軟らかい粘性地盤や泥炭質地盤、地震時に液状化しやすい砂地盤などの上にそのまま構造物を建設すると、構造物の機能を害することがあるため、強固な地盤に改良するための多彩な工法をご紹介します。

海上施工

海上SCP(KS-REACT)工法

海上打戻し方式サンドコンパクション工法
特殊な作業船を使用し海上から軟弱地盤に対し改良杭を造成する工法です。

詳細を見る

海上SD工法

海上サンドドレーン工法
軟弱地盤にドレーン柱を形成し間隙水を排出し地盤強度を増加させる工法です。

詳細を見る

陸上施工(動的締固め工法)

振動式SCP工法

振動式サンドコンパクション工法
バイブロハンマーの起振力により、ケーシングを貫入・引き抜き・打戻しを行い、締固めた改良杭を造成する工法です。

詳細を見る

DPC工法

ダイレクトパワーコンパクション工法
H型鋼による振動とプレスパネルで、緩い砂地盤の液状化を防止する工法です。

詳細を見る

陸上施工(静的締固め工法)

KS-EGG工法

無振動低騒音式地盤改良工法
回転貫入装置と、先端に円錐状の掘削・拡径ヘッドを備えた、無振動低騒音の静的締固め地盤改良工法です。

詳細を見る

SDP工法

低振動低騒音式地盤改良工法
二重管ケーシングを使い、ケーシングの回転貫入と上下運動により締固めを行う低振動低騒音工法です。

詳細を見る

SDP-N工法

低振動低騒音式地盤改良工法
シングルケーシングを回転貫入装置で軟弱地盤に静的に貫入させ、締固め杭を造成する工法です。

詳細を見る

陸上施工(圧密促進工法)バーチカルドレーン工法

SD工法

サンドドレーン工法
軟弱な粘性土地盤に透水性の高いドレーン材を打設し、盛土荷重により間隙水を排水し地盤強度増加を図る工法です。

詳細を見る

PBD工法

プラスチック ボード ドレーン工法
人口素材の合成樹脂をドレーン材として使用した、バーチカルドレーン工法です。

詳細を見る

ラクトボード工法

生分解性プラスチックボードドレーン工法
生分解性のドレーン材を使用する、環境にやさしいプラスチックボードドレーン工法です。

詳細を見る

ネットワークドレーン工法

水平排水促進工法
鉛直ドレーン材の頭部を連結することで、効率よく水分を排水し地盤強度の増加を図る工法です。

詳細を見る

陸上施工(深層混合処理工法)大口径撹拌工法

KS-S・MIX工法

大口径相対撹拌深層混合処理工法
外翼と内翼との相対撹拌による深層混合処理工法です。バラツキのない高品質な改良体を造成します。

詳細を見る

KS-B・MIX工法

大口径深層混合処理工法
軟弱地盤に安定処理材を強制的に注入し機械攪拌することで、軟弱土で強固な改良杭を造成する工法です。

詳細を見る

陸上施工(深層混合処理工法)CDM工法

CDM-LODIC工法

変位低減型深層混合処理工法
セメントスラリー投入量に相当する土量を排出し、周辺地盤や構造物に影響を与えず施工する工法です。

詳細を見る

CDM-レムニ2/3工法

大径3軸式混合翼の深層混合処理工法
直径1000mm~1300mmの攪拌混合翼を搭載した「大径3軸式」の深層混合処理機を使って軟弱地盤を改良する工法です。

詳細を見る

DJM工法

粉体噴射撹拌工法
粉粒体のセメント系固化材料を、圧縮空気によって圧送し軟弱土中に噴射し攪拌することにより、改良体を造成する工法です。

詳細を見る

中層混合処理工法

WILL工法

スラリー揺動攪拌工法
特殊な攪拌翼でスラリー状の固化材や改良材を原位置土と強制的に攪拌混合し、安定した改良体を形成する工法です。

詳細を見る

PAGE TOP