CDM-LODIC工法

変位低減型深層混合処理工法
セメントスラリー投入量に相当する土量を排出し、周辺地盤や構造物に影響を与えず施工する工法です。

Cement Deep Mixing Low Displacement Control Method~

CDM-LODIC工法の概要

CDM-LODIC工法は、周辺地盤や既設構造物への影響を最小限に抑える深層混合処理工法です。
CDM工法は、他の地盤改良工法に比べて、もともと変位の少ない工法として広く採用されてきましたが、変位低減型深層混合処理工法(CDM-LODIC工法)では、従来の攪拌混合翼の上部にスクリューを取り付け、セメントスラリーの投入量に相当する土量を排出することにより周辺の地盤や構造物に影響を与えることなく施工することを可能にしました。本工法のスクリューの形状には、連続型、断続型、プロペラ型などがあります。また、適切な排土量を管理する新開発の施工管理計により、信頼性の高い施工を行います。

CDM-LODIC工法の施工状況

変位測定結果

施工地点から1.5m離れた地点に地中傾斜計を埋設し、通常型との影響の比較を行ったものです。

CDM-LODIC工法の施工手順

排土状況


PAGE TOP