HOME>技術紹介>地盤改良工法>CDM-レムニ2/3工法

CDM-レムニ2/3工法

大径3軸式混合翼の深層混合処理工法
直径1000mm~1300mmの攪拌混合翼を搭載した「大径3軸式」の深層混合処理機を使って軟弱地盤を改良する工法です。

Coment Deep Mixing-LEMNIscate2/3 Method~

CDM-レムニ2/3工法の概要

2軸式から、大径3軸式へ進化

「CDM-レムニ2/3工法」は、直径1000mm~1300mmの攪拌混合翼を搭載した「大径3軸式」の深層混合処理機を使って効率よく軟弱地盤を改良する工法です。これまでの直径1000mmの攪拌混合翼による2軸式に比べ施工量が大幅にアップし、従来工法と同レベルの品質を確保しながら、全体工期を約4割短縮できます。
さらに、2軸式の設備と施工管理装置をそのまま利用できることから装置時の設備コストを抑えられ、経済効果が得られます。
軟弱地盤を改良する深層混合処理工法(CDM工法)のこれからのスタンダード、それが「CDM-レムニ2/3工法」です。

CDM-レムニ2/3工法の特徴

セメントスラリーを「ダブル∞」型に攪拌混合

本工法の最大の特徴である「大径3軸式」は、攪拌混合翼の直径を1000mm~1300mmにした回転軸を3軸同時に地中に貫入。同一方向に回転する左右2軸の先端からセメントスラリーを注入し、中央軸を逆方向に回転させることによって、セメントスラリーを3軸間に「ダブル ー(連珠図形)」型に流すことができます。
これによって、軟弱土とセメントスラリーとがよく混合し、均一で強度の高い地盤改良体を確保できます。

CDM-レムニ2/3工法の改良形状

混合能力を高める「スタビライザ」&「スパイラル」

CDM-レムニ2/3工法可視化実験状況

1.スラリーの吐出開始
1.スラリーの吐出開始
2.スラリーが中央軸に移動します
2.スラリーが中央軸に移動します
3.混合が開始されます
3.混合が開始されます
4.混合が完成成立
4.混合が完成成立

CDM-レムニ2/3工法の施工手順


PAGE TOP