K-DPM工法

管中混合固化処理圧送工法
浚渫土のリサイクルを目的とし、圧送エネルギーを利用した管中混合固化処理工法です。

工法の概要

K-DPM混合部
本工法は、浚渫土のリサイクルを目的とした固化処理圧送工法のひとつであり、圧送管の途中に混合部を斜めに設置し、プラグ流として圧送されてくる浚渫土に、混合部中心に設置した固化材供給軸からセメントスラリーを高圧噴射するものです。混合部の拡大および斜め設置により、混合部内に大きな乱流が発生し、均一に攪拌・混合することができます。
混合部全景
混合部全景
固化材噴射ノズル
固化材噴射ノズル
ねじり板
ねじり板

施工フロー

施工概略図
①空気圧送船からプラグ流として圧送されてくる浚渫泥土が、混合部に斜めに流入します。
②混合部の拡大によるプラグ流の崩壊および混合部壁への衝突により、大きな乱流が発生します。
③混合部中心に設置した固化材供給軸から、セメントスラリーを高圧噴射させます。
④混合部内の乱流と固化材供給軸を支持するねじり板の攪拌作用で、均質に攪拌混合します。
⑤吐出口より再びプラグ流となって流出します。

PAGE TOP