HOME>技術紹介>環境関連技術

環境関連技術

「環境にやさしくなければ、良い技術とはいえない」という考えから、環境保護に配慮した技術開発を行っています。リサイクル材料の採用や生分解物質への転換など、独自の視点で取り組んでいます。

K-DPM工法

管中混合固化処理圧送工法
浚渫土のリサイクルを目的とし、圧送エネルギーを利用した管中混合固化処理工法です。

詳細を見る

スネークミキサ工法

管中混合固化処理工法
スネークミキサ工法は、浚渫土のリサイクルを目指し空気圧送中に固化処理を行う技術です。

詳細を見る

ネットワークドレーン工法

水平排水促進工法
鉛直ドレーン材の頭部を連結することで、効率よく水分を排水し地盤強度の増加を図る工法です。

詳細を見る

ラクトボード工法

生分解性プラスチックボードドレーン工法
生分解性のドレーン材を使用する、環境にやさしいプラスチックボードドレーン工法です。

詳細を見る

底泥分級浄化工法

再懸濁浄化工法による硫化物の分級除去
汚染された底質をから有機物質・硫化物を除去し浄化する工法です。硫化水素の発生を抑制し悪臭発生を防止します。

詳細を見る

PAGE TOP