HOME>技術紹介>土木技術>多孔ケーソン工法

多孔ケーソン工法

消波・海水透過機能、直立消波構造物
従来のケーソンから中詰を省き、壁面に多くの孔を設け消波機能及び海水透過機能を有する直立消波構造物です。

工法の概要

多孔ケーソンの据付
多孔ケーソンとは、従来のケーソンの中詰め材を取り除き、前壁あるいは前・後両壁に多数の円形の孔を開けた直立消波型/透過型ケーソンであり、防波堤、岸壁、護岸と幅広い用途があります。
多孔ケーソンは、打ち寄せる波を円形の孔からケーソン内部へ導く過程において、波のエネルギーを弱める機能を有しています。特に最近では、その海水交換機能が注目され環境改善施設や蓄養施設としても使用されています。
施工イメージ
施工例
施工例
施工例

PAGE TOP