HOME>技術紹介>土木技術>桟橋のプレキャスト施工技術

桟橋のプレキャスト施工技術

桟橋施工の工期短縮、安全性の向上技術
桟橋上部工を大型架設ブロックとして一括で施工する技術です。

特許番号:第3150634号

技術の概要

近年、土木工事においても施工の省力化が求められています。そのため、部材をプレキャスト化して施工を行うケースが増えつつあります。このプレキャスト化は、工期の短縮、安全性の向上を図り、またコスト縮減も図ることが可能となるなど利点が多い工法です。
特許の概要
2種類のゴム材を積層した支承構造により衝撃緩和、レベル調整、支持反力の均等化を特徴とするプレキャスト桟橋。

施工フロー

この工法を利用した施工事例

  • 平成7年災第3号麻耶・-12m岸壁(2)外復旧工事(南側)
  • 平成7年災第35号麻耶(-12m)岸壁外復旧工事(東側)
  • 平成10年度伏木富山港(新港地区)岸壁(-14m)(北)(その3)工事


PAGE TOP